つまりやすいトイレのタイプ

節水できるトイレは、水道代の節約につながるため近年では人気の高いタイプのひとつです。しかし、構造上の理由で排水管 水漏れなどを引き起こしやすい傾向にあります。ここでは、節水型トイレのつまりの原因やつまりの予防法についてご紹介します。

■つまりの原因

トイレは、排泄物を水で流す際にサイフォンの原理を採用しています。サイフォンの原理とは、高い位置の水と低い位置の水を液体で満たした管でつなげた際、高い位置の水が低い位置へと自然に移動する現象のことです。これ自体はどのタイプでも同じですが、節水型トイレは一般的なタイプよりも少ない水量で排泄物が流せるように設計されています。
通常の利用ではつまりのトラブルは発生しにくいのですが、一度に多くのトイレットペーパーを流したり、タンクの中にペットボトルを入れてさらに水量を少なくして節水をしようとしたりするなど、製品の想定範囲を超えた間違った利用の仕方をしてしまうと、つまりが発生しやすくなります。

■つまりの予防法

節水型トイレのある家庭では、排泄物を流すために1度水を流した後、トイレットペーパーを流すためにもう1度水を流すというように、複数回に分けて水を流しているところもあります。一度に流す量を少量にしてつまりを予防しています。
複数回に分けて流してもつまってしまう場合は、家の立地や排水管の構造に問題があるかもしれません。立地上十分な水圧が得られない、または排水管が古い構造で節水型トイレに適していないことがあります。

■まとめ
立地や排水管の構造に問題がある場合は、解決策として節水型からタンク式の通常タイプに戻す方法と、もしくは排水管工事を行い構造を新しくする方法があります。排水管を全部取り替える工事は費用が高額になります。費用を抑えたいのであれば、タンク式のタイプに戻す方法が良いでしょう。水道修理業者に依頼して、排水管の工事とトイレの交換のそれぞれの場合の見積もりを取ってもらってからどちらを選ぶか決めるのも、ひとつの方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ