トイレタンクの蛇口がつまりを起こすこともある

トイレタンクの蛇口は、手洗い管とも言います。この蛇口から、水が出なくなるトラブルが起こることがあります。水が出なくなる原因やつまりの解消法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

■トイレタンクの蛇口から水が出なくなる原因

トイレの手洗い管から水が出ない原因は、様々あります。
タンクの内部には、水を流す給水管に止水栓が付けられています。止水栓には水を流す、止める、量を調整するといった役割があります。この止水栓が何らかの理由で動作を妨げられていることがあります。止水栓がさび付いていたり、タンク内に異物が混入していたりというケースが考えられます。
タンク内の水圧を調整する役割をもつダイヤフラムと呼ばれる器具が故障している場合や、浮き球が金具に引っかかっていたり絡まっていたりしてスムーズに動いていない場合もあります。

■蛇口のつまりが原因となることもある

蛇口には、中にフィルターが入っているタイプがあります。そのフィルターに異物が混入してつまり、水が出ない状態になっていることも考えられます。急にまったく出なくなるのではなく、水の出が悪くなって徐々に出なくなるので、つまりの予兆が見られたら対処しましょう。つまる異物は、長年の使用によるサビやホコリなどです。
ジャバラホースのつまりの可能性もあります。ジャバラホースとは、給水管から手洗い器に水を流す役割をします。細いホースですので異物が詰まりやすく、水が手洗い器に流れず水が出なくなってしまいます。また、ジャバラホースの破損が原因になることもあります。

■まとめ
フィルターが付いている蛇口では、フィルターにつまっているサビやカルキなどの汚れを取り除けば水が出るようになる可能性があります。歯ブラシなどを使用して、汚れを除去しましょう。それでもつまりが解消しなければ、蛇口の交換をするのが早くて確実でしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ