トイレのつまりの原因となる配管の仕組みやトイレの交換の注意点

トイレがつまるのは、その内部の構造も大きく関係していることがあります。内部構造を知っておくと、つまりや排水管 水漏れの原因の解明に役立ちます。
また、トイレの交換を検討している人がまず確認すべきポイントがありますので、あわせてチェックしてください。

■トイレの配管はつまりやすい仕組みになっている

水回りの排水設備には、トラップという仕組みが採用されています。トラップとは、わざと水を溜めて、下水管から臭気や虫が家の中に入るのを防ぐ仕組みです。目に見えてわかりやすいトラップは、洗面台の下のS字を寝かしたような形状の排水管です。
便器の中の配管も、これと同じトラップの仕組みが採用されています。近年では、生理用品や尿パッドなどを誤って流してつまらせてしまうトラブルが多くなっています。このようなパッド類は水を含むと膨らんでしまうため、出口まで流れずに途中で止まります。この止まってしまう場所というのが、S字のトラップの部分です。トラップはつまりやすい構造といえますので、異物を決して流さないよう注意しましょう。

■トイレの交換をする際の製品選びの前に確認すること

トイレの交換を検討しているのであれば、実際に製品を選んで決定する前に確認しておくべきポイントがあります。それは、自宅のトイレが床排水か壁排水かという点です。一般的には、戸建て住宅は床排水、マンションは壁排水となっていますが、マンションでも床排水となっているところもあります。どちらに当てはまるのかわからない場合は、管理会社に問い合わせてみてください。排水方式によって選べるタイプが異なるので注意が必要です。めぼしい製品が自宅の排水方式に対応しているか確認しましょう。

■まとめ
トイレの交換を検討している人の中には、新たにウォシュレットを導入したいと考える人も多いでしょう。最近のトイレの技術の進化はめざましく、温風乾燥や脱臭消臭はもちろん、節水・節電機能や防汚機能など、家庭生活が便利で快適になる機能を備えたものがたくさん発売されています。最新のトイレを購入すれば、生活がもっと充実するでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ